リロケーションの問題点

リロケーションは、空き家となったマンションを貸し出すことで様々なメリットがある、とても便利なものですが、それでもやはりデメリットも考えられます。マンションは空き家にしておくことで、老朽化が進みます。そこで誰かに住んでもらうことで、その老朽化を防ぐことができるのです。しかし、誰かがそこで生活をしていくわけですから、当然汚れや傷は増えていくことになります。契約期間の満了時に、どの程度の原状回復を求めるのかでトラブルになることもあるのです。

また、契約期間内であればたとえ持ち主であっても、そこに立ち入ることはできません。つまり、転勤が想定よりも早く終わった場合、自宅であるマンションに戻ることができないのです。契約期間が終わるまで、別な場所でアパートなどを借り、そこで生活することになります。

リロケーションのメリットとして家賃収入があります。しかし、リロケーションは期間を定めての賃貸となりますから、周りの相場に比べ、家賃の設定が低くなってしまいます。住宅ローンの返済に充てようと、リロケーションにしてみたはいいが、思ったほどの収入にならないということも考えられるのです。リロケーションはメリットばかりではありません。デメリットもしっかりと把握し、マンションの空き家対策をしてください。