賃貸としてのメリット

転勤などで空き家となった分譲マンションの有効活用法として、リロケーションがあります。これは自宅マンションを賃貸物件として貸し出すものですが、どういったメリットがあるのでしょう。まずは最も大きなメリットとして、家賃収入が発生するということです。住宅ローンが残っている場合は、この家賃をローンに利用することもできます。

リロケーションは賃貸物件として貸し出すわけですが、通常の賃貸契約と違い、期間を設けての貸出しとなります。つまり、その期間が終われば自宅に戻れるということです。転勤が終わったはいいが、戻る家がないといったことはありません。また、管理はリロケーションの管理会社が行ってくれるため、借主とのトラブルにもその会社が対応してくれるので、家主としては安心して貸し出すことができるのです。

しかし、不動産管理会社に管理依頼をすると、もちろん費用が発生してきます。その費用が高額で、経済的に負担になってしまうでは元も子もありません。インターネットなどを使って、多数の不動産管理会社の中から比較して検討しておきましょう。また、口コミなども合わせて確認しておくと更に良いでしょう。

いくら鉄筋コンクリートのマンションであるとは言え、空き家は老朽化が急速に進んでしまいます。そのままにしておくと、転勤が終わった頃には住めない状態になっていることも考えられます。しかし、リロケーションなら誰かに住んでもらっている限り、家の老朽化は防げるのです。また、防犯の面でも安心ですし、所有していれば、いずれ資産として次の代に残すこともできるのです。このように、リロケーションは空き家対策にとても有効なものなのです。