転勤時の空き家対策

現代のビジネスマンにとって、転勤は当たり前のものとなっています。しかも、国内はもとより海外への赴任も珍しくはありません。また、期間が定まっている転勤もありますが、そのままずるずると期間が延び、いつ戻れるか分からないといったこともあります。こういったとき、問題となってくるのがマンションなどの自宅の扱いです。家族が暮らしていればいいのですが、独身の場合や家族そろっての赴任と言った場合、自宅が空き家になってしまいます。

家と言うものは住む人がいなくなると、急速に劣化していきます。換気ができないため、湿気が溜まりカビが繁殖し、せっかくの分譲マンションもすぐに老朽化が始まります。また、留守宅をいいことに不審者が忍び込むこともありますし、ベランダにゴミやホコリが積り、虫や鳥が巣を作ることも考えられます。

自宅が空き家になるということは、こういった心配があるということで、できれば誰かに管理してもらいたいものなのです。こういったときに一つの選択肢として、リロケーションというものがあります。留守宅を誰かに貸し出すというもので、これは空き家対策にとても便利なシステムなのです。