マンションの有効活用

転勤や海外赴任で、自宅の分譲マンションが空き家になってしまうことがあります。この場合、せっかく購入したマンションを売りに出すことも考えることでしょう。しかし、賃貸物件として貸し出すという選択肢もあるのです。このサイトは、空き家となった分譲マンションの活用法としてのリロケーションと、そのメリットデメリットについて説明します。

空き家となったマンションは、老朽化がすぐに進んでいきます。埃が溜まり、カビが発生し、住める状態でなくなってしまいます。また、いくらマンションでも空き家であれば、防犯面でも心配が残ります。こういった点を解消してくれるのが、リロケーションです。これは期間を設けて、空き家を賃貸物件にするというもので、空き家対策にはとても適しているものなのです。誰かに貸し出すことで、老朽化が防げますし、家賃収入も発生します。また、期間を定めての賃貸ですから、転勤が終われば自宅マンションに戻れます。

ただ、デメリットもあります。誰かに住んでもらうことで老朽化は防げますが、部屋のあちこちに傷や汚れが増えていくことにもなります。また、ある程度の額の家賃収入を見込んでいても、実際は周りの相場よりは低めになります。これは、期間を区切っての契約となりますので、借り手からすると当然と言えます。このようにリロケーションにはデメリットもありますが、空き家にするよりは様々な面でメリットがあり、おすすめの空き家対策と言えるのです。